Kazuyoshi PhotoAlbum

自分で撮った写真を紹介していきます

FoveonとsdQuattroとTealAndOrange

SDIM5470

良いですね。

4/23、今までSIGMA fpでしか使えなかったカラーモード、ティールアンドオレンジが、QuattroシリーズのFoveon機で使用できるファームウェアアップデートが配信されました。
山木社長は結構な頻度でfpとT&Oの写真ツイートをRTするので、どういう仕上がりになるかはよく見ていました。
そして、凄く使ってみたい。
でもfpを買う財力は無い…。

しかし、こうして今、T&Oを使えている。感謝しかありません。
手元のsdQuattroで公開当日に何枚か撮影しましたが、もう最の高の一言に尽きます。
そしてやはり、アスペクト比は21:9が良く合う。ハリウッド映画のカラグレに着想を得たというだけあり、スチル定番の3:2よりはシネマ寄りの横長フォーマットの方が見栄えが良いですね。構図が整いやすい。
日常の景色がこの組み合わせでばんばんエモくなっていきます。非常に中毒性が高い。

ということで作例をどうぞ。

SDIM5421
SDIM5426
SDIM5431
SDIM5445
SDIM5491
SDIM5488
SDIM5618
SDIM5674_R2
SDIM5707
SDIM5716
SDIM5723
SDIM5743

前の記事から今までのこと

このブログを更新するのも久々になってしまいました。
更新のメインがFlickrTwitterになってしまったので、ブログを開かなくなっておりました。

長野に引っ越してから、一日写真を撮り歩くという機会がめっきり減ってしまい、増えるのはスナップばかり。
スナップは(需要はありませんが)速報性を重視するのでついTwitterに上げて終了になってしまうんですよねぇ…。


この半年ちょいの間の出来事です
Nikon D200の購入
近所のハードオフでジャンク品5000円ちょいのものを購入しました。
ボタン等に黄ばみはありましたが、駆動系は問題なしでした。
特に200であることに思い入れはなく、CMOSではなくCCDというのが購入のきっかけでした。

DSC_0223

DSC_0510

Flickrの方はほんの数枚しか上がっていませんが…。

色の乗りは結構あっさり目ですが、時々どうしてか凄く雰囲気のある写りになります。
今のところは外で使うより、室内で電球色で物撮り、みたいなのが向いてそうですね。
古いレンズしかないので、安値で18-55でも拾ってくればもっと活躍の場も増えると思います。

・OsmoPoketの購入
このブログとは直接的な関係はありませんが、OsmoPoketです。
基本は動画撮影なのですが、静止画もなかなかどうして良く写ります。

・GRⅡの入院
年明け頃からシャッターの調子が悪く、電源を入れても真っ暗、という症状が続いておりました。
自分の中で重要な位置づけにあるカメラだけに、修理を決断。
約半月の入院を経て、無事帰宅を果たしました。
修理代は14000円程、そこそこのお値段ですね。
これからも頑張っていきましょう。

・EOSM + EF-M 22mm F2 STMの復活
GRⅡが入院している間のスナップカメラについて色々悩みました。
X100Sがいるのですが、よくバッテリーが上がってしまうのと、サイズが大きいのがウィークポイントでした。
GRⅡのポジフィルム調のエフェクトを多用していたので、これをどうにかできないかと色々思考錯誤をした結果、EOSMにCanonの公式ピクチャースタイル「CLEAR」を入れることでかなり近づける事ができました。
ただ、そのままではコントラストや彩度がキツすぎるので、それぞれのパラメを下げたうえで実践投入。
焦点距離は換算で35mmなので少し狭いですが、なかなか良い相棒となってくれました。
IMG_9761
IMG_9739

Twitterより

ISOオートの時のSSの下限値が設定できなかったので、暗いシーンでは結構な確率で手ブレ…(言い訳)
スナップだと歩きながらとか立ち止まるにしても一瞬とかが多いので…。
GRⅡだと下限を1/80とか1/100とかにしてるので、そのスタイルでもなんとかなる場合が多いのですが、EOSMの場合は平気に1/30とかにしてくるので…(言い訳)


ということで、放置ブログの久々近況報告でした。
これからカメラに触る機会ももっと増やしていきたいですね。
そして、2020年の目標は
・新たなマウントの開拓
・新たなジャンルのレンズの開拓
の2本立てとなります。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

Twitterもよろしくお願いいたします。
twitter.com
Flickrもよろしくお願いいたします。